ダイエットコラム

【必見】自分に合ったダイエット方法が確実に分かります!

自分に合ったダイエット方法ってどうやったら分かるんだろう?

やっぱり実際にいろんな方法を試してみなきゃ分からないのかなぁ?

ダイエットの経験がある人はまず「どうやって痩せるか」について考えますよね。

色々試した結果、痩せれた人も「ダイエットに成功した!」と喜んでいたのもつかの間、

リバウンドを繰り返してしまう人もいるでしょう。

ちなみに私も経験済みです。

この記事は、

自分に合ったダイエット方法が確実に分かる遺伝子検査キット

について書いています。

遺伝子検査キットって何?

って思う人もいるかもしれません。

気になる人はぜひ参考にしてみて下さいね!

遺伝子検査とは?

遺伝子検査とは、遺伝子を解析し、体質や遺伝性疾患のリスクなどを調べる検査です。

遺伝子検査では何が分かるの?

おおざっぱに言えば、

  • 生まれつきの自分の体質(肥満遺伝子、薄毛、肌質など)
  • 将来かかりやすい病気(ガン、生活習慣病など)

これら2つのことが分かります。

遺伝子検査はいつやっても結果は同じなの?

遺伝子情報は、生涯変わることがないので、いつやっても結果は同じです。

年齢、体調、妊娠中などには関係なく結果は変わりません!

色々な遺伝子検査キットが販売されていてそれぞれ特徴がありますが、

一度検査した遺伝子検査キットで2回目の検査したとしても、結果は1回目と同じです!

遺伝子検査のメリット・デメリット

 

メリット

  • 遺伝子レベルで自分の体質が分かる(肥満、薄毛、肌質など)
  • 遺伝子レベルで将来かかりやすい病気が分かる(ガン、生活習慣病など)

デメリット

  • 将来への心理的負担
  • 遺伝子差別につながるリスク
  • 不安、リスクを親族と共有することになることも
  • 会社によって検査結果が異なる

この記事はダイエットについてなので、遺伝子検査の中でも肥満遺伝子検査について説明します!

肥満遺伝子を検査して分かることは?

太りやすい人もいれば痩せやすい人もいますよね?

個人差があるからしょうがない!という時代は終わりました。

遺伝子レベルで、食事や運動など自分に合ったダイエット方法が分かります!

肥満遺伝子で有名なのは3つ!

  • β3AR
  • UCP1
  • β2AR

基本的に上記の3つの遺伝子に異常が無いかを調べます。

肥満に関連する遺伝子は50種類以上報告されていますが、日本人の多くに異常がみられるのはこの3種類の遺伝子です。

β3AR

β(ベータ)3アドレナリン受容体遺伝子、または倹約遺伝子とも呼ばれる。

この遺伝子に変異があると中性脂肪の分解が抑制されて基礎代謝が低くなります。

UCP1

この遺伝子に変異がある人は、エネルギーを燃焼させる多胞性詩脂胞細胞(褐色脂胞細胞)の働きが低下して、基礎代謝量が低下します。

β2AR

β(ベータ)2アドレナリン受容体遺伝子とも呼ばれる。

この遺伝子に変異がある人は基礎代謝が多く太りにくい体質とされています。

肥満遺伝子はどこで検査できるの?

肥満遺伝子検査ができる場所は2つあります!

  • 自宅で調べる。
  • 病院で調べてもらう。

自宅で調べる場合は、自分で検査キットを購入して、調査対象になっているものを販売会社などに返送し、結果を待ちます。(通称:DTC遺伝子検査)

病院で調べてもらう「遺伝学的検査」は、一部を除いて健康保険が適用されないため、全額自己負担の場合もあり、数万~数10万円ほどかかります。

費用を抑えたい人は病院で検査するより、自分で検査キットを買って調べた方が安いです!

検査結果が出ないこともあるの?

歯周病の人やヘビースモーカーの人は、検査結果が出にくい傾向があります。

肥満遺伝子の検査結果の信頼性や信憑性は?

現在DTC遺伝子検査の主流になっている解析手法、DNAマイクロアレイによるSNPの調査は、適切な検査手順に従えば、解析技術の精度そのものは極めて高いと考えられています。

しかし、その「適切な手順」をどう担保しているのかが、見えづらく、報告書内では、

  • ISO15189(臨床検査室の品質と能力に関する要求事項
  • 米国臨床病理医協会の施設認定(CAP)

のようなグローバル水準の認証取得を目指すべき、という意見がありました。

一方、すでISO15189やCAPの認証を取得して事業を展開している会社は、分析の質を担保することに対する意識が高く、信頼性が高いと言えるでしょう。

解析技術の精度は高く、信頼性や信憑性も高いと言えるようです!

肥満遺伝子検査をおすすめしたい人

  • 遺伝的に太りやすい体質か知りたい人
  • 効率よくダイエットしたい人
  • なかなかダイエットがうまくいかない人
  • 痩せてもリバウンドしてしまう人

おすすめの肥満遺伝子検査キットを紹介!

肥満遺伝子を調べる検査キットはいろいろ売られていますが、

おすすめの肥満遺伝子検査キットを2つ紹介します。

 

  • GeneLife  DIET  肥満遺伝子検査
  • DHCの遺伝子検査 ダイエット対策

 

それでは2つのポイントをみていきましょう!

オススメ① GeneLife  DIET  肥満遺伝子検査

肥満遺伝子検査キットの画像

4つの遺伝子型ダイエットタイプのどのタイプかが分かります!

また、有料ですが遺伝子の検査結果に基づいた食事分析・電話カウンセリングを管理栄養士から直接アドバイスをうけられます。

肥満遺伝子検査キットの画像

解析実績は85万人で、Amazonランキングと楽天ランキングで1位を取った実績があります!

▶▶GeneLifeの肥満遺伝子検査キットの詳細はコチラ

オススメ② DHCの遺伝子検査 ダイエット対策

肥満遺伝子検査キットの画像コスメやサプリメント(健康食品)で有名なDHCが販売している肥満遺伝子検査キットです。

4つの遺伝子型ダイエットタイプのどのタイプかが分かります!

また、タイプ別におすすめの食事・運動・サプリメントなどについてアドバイスしてもらえます。

肥満遺伝子検査キットの画像

45万個以上の販売実績があり、値段もおてごろです。

▶▶DHCの肥満遺伝子検査キットの詳細はコチラ

それではこの2つに共通している部分を紹介します!

共通点① 3つの遺伝子の解析結果から肥満タイプを4つに分類!

脂肪の付き方のタイプを4種類にわけることができます!

肥満遺伝子検査キットの画像

4つの遺伝子型ダイエットタイプ

  • リンゴ型
  • 洋なし型
  • バナナ型
  • アダム・イヴ型

それでは4つのタイプの特徴をそれぞれ解説します!

りんご型(日本人の34%)

正式名称:内臓脂肪型肥満

男性に多くて、おへその下がぽっこり出る、太鼓腹(たいこばら)系の肥満タイプです。

糖質コントロールや糖質OFFが効果的です。

洋ナシ型(日本人の25%)

正式名称:皮下脂肪型肥満

油っこいものを食べ過ぎると、特に下半身に脂肪がつきやすいのが特徴!

洋ナシ型は女性に多くて、上半身は細く見えるけど、ヒップや太ももが太く見える「下半身太り」しやすい肥満タイプです。

脂質OFFが効果的です!

バナナ型(日本人の16%)

見た目がモデル体型の人に多いタイプです。

脂肪も筋肉もつきにくいですが、1度太ると痩せにくい体質です。

筋肉量を増やすためにタンパク質を多く摂取したり筋トレがおすすめ!

プロテインを飲むのも効果的です!

アダム・イヴ型(日本人の34%)

遺伝子的に太っているのではなく、生活習慣で太っているタイプです。

生活習慣の改善が効果的で消費カロリーが摂取カロリーを上回るようにするのがポイント!

食事制限をして摂取カロリーを抑えて、運動をして消費カロリーを増やすのがおすすめ。

自分が4つのうちどのタイプかが分かります!

共通点② 検査の方法

口の中の粘膜を採取して、DNA情報を返送します。

検査方法はカンタンで時間もかからないので気軽に試せますね!

DHCとGene Lifeの違いは?

2つの違いは、

・『DHCの遺伝子検査 ダイエット対策』は、オススメのサプリメントも教えてくれます。

・『GeneLife  DIET  肥満遺伝子検査』はヘルスアッププログラムというパーソナルアドバイスを有料でうけることができます。

もっと詳しく知りたい方は公式サイトを比べてみてください!

▶▶GeneLifeの肥満遺伝子検査キットの公式サイトはコチラ

▶▶DHCの肥満遺伝子検査キットの公式サイトはコチラ

肥満遺伝子検査を実際にした人の口コミ!

肥満遺伝子検査を実際にしてみて、

自分が生まれつき太りやすいか?

自分がどの肥満タイプなのか?

が分かるので、自信をもってダイエットできるところがイイです!

DTC遺伝子検査は自宅でできるし、検査方法もカンタンですね。

一生に一度やるって考えたら、値段もとてもリーズナブルだと思います!

自分にあったダイエット方法が分かる!まとめ

肥満遺伝子検査をまとめると、

  • 生まれつき自分がどんな肥満タイプかが分かる。
  • 自分に最適なダイエット方法が分かる。
  • 効率よく自信をもってダイエットできる。
  • 肥満遺伝子検査キットで調べれば病院より安い。

自分に合ったダイエット方法を知りたい人は、費用もリーズナブルなので積極的に肥満遺伝子検査をしてみるのもアリですね!